健康検索サイトへようこそ

ワンパンマンに登場するゴウケツが強い

ゴウケツとは、武道家を怪人にする目的で武道大会会場に現れた怪人レベル竜の怪人で、もとの正体は第一回武道大会優勝者の人間。ゴウケツは怪人レベル竜でありながら、S級ヒーローを凌駕する力をもち、あのスイリューをもコテンパンにやっつけてしまうほど強さを誇る。まあ、スイリューさんはただの人間だから負けたところで、驚くことはない。

ゴウケツが怪人になった理由。

ゴウケツは人間の状態で完璧といえるレベルまで自らを鍛えたというに、怪人レベル竜の怪人にすら勝つことができなかった。怪人に敗北したゴウケツは、自らの意思で怪人細胞を体に取り入れて、S級ヒーローをも凌駕する凄まじい力を持つ怪人になることに成功したのだ。まさに究極、無敵、最強。

ゴウケツが武道会場で怪人にすることに成功した武道家。

1.チョゼ
史上最強のDNAを持つと自分で言っているチョゼだが、サイタマに一撃で葬り去られてしまう。その結果、サイタマに復讐するために、怪人細胞を食べて怪人になってしまった。怪人担った後にスイリューと戦うが、敗北。

2.ロジー選手

メガネをかけていて肉体的には超貧弱なロジー選手は誰よりも早く怪人細胞をたべて怪人になった。その後、ふとっちょな武道家を一撃で倒す。最終的には、怪人化していないチョゼに倒れて敗北する。

3.ベンパッツ

ベンパッツはゴウケツに怪人になれと言われて、ゴウケツの命令に逆らえず、怪人細胞を体に取り組む。その結果、おでこに目が一つ増えた。はたして、目が一つ増えるだけで、そんなに強くなるのだろうか?

4.ハムキチ

強くてやさしくて、正義の味方にしかみえないハムキチさんも周りに流されて怪人細胞を体に取り組んでしまった。その結果、ハムキチの体は毛むくじゃらになり、顔も人間ではない何かになってしまった。

5.ボルテーン

ボルテーンさんも新たなる力を手に入れるたいという願望に逆らうことができず、怪人細胞を体に取り組むことを決意。その結果、人間だったときの面影が一切なくなり、キャンドル人間になってしまった。

ゴウケツは意外と謙虚。

怪人王オロチというボスの圧倒的な力にさからうことなく、ボスの司令には素直に従っている。こういう部分が元武道家らしく、礼儀正しく謙虚でいいなと思える怪人である。ただ、

ゴウケツとスイリュー

ゴウケツはおまえならば、怪人教会の幹部になれるかもしれんという口説き文句で、スイリューに怪人細胞を食べるように促す。スイリュウーはその甘い言葉にのらず、怪人になってあんたみたいな不細工になるのはいやだといい、怪人細胞を食べるのを拒否る。

最後に

ゴウケツさんの活躍に期待です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー